カテゴリー別アーカイブ: 定番のワセリン

永遠の定番「ワセリン」意外なあの商品にも使われている!?

石油を原料として作られた鉱物油をワセリンといいます。皮膚に塗ることで表面に油膜を張って角質層にある水分の蒸発を防いで、乾燥を阻止することができます。また、皮膚を外的刺激から守る働きもあります。

ワセリンには純度によって種類がありますが、保湿の効果という点では大きな差はなく、種類によって使用する部位を決めます。

まず最も一般的なのが白色ワセリンです。安価なことと身体のどの部位に使用しても大きな問題はないことから、多くのかたに手に取られています。次にプロペトですが、こちらは白色ワセリンをさらに生成して純度を高めたものです。

ワセリンは不純物が混ざっていると紫外線を受けることで酸化してしまうので、時には皮膚細胞に何らかの刺激を与えてしまうこともあります。ですので、顔や特に目の近くといった部分には、白色ワセリンよりもプロペトを用いたほうが安心です。

サンホワイトはプロペトをさらに精製して高純度にしたもので、敏感肌のかたや乳幼児にも使用できる低刺激のものになります。ただし、他のワセリンよりもコストが高くなります。

ワセリンは肌には浸透せずにあくまでも油膜が皮膚を覆うに過ぎませんので、角質層に水分を与えるような効果はなく、ワセリンを塗ることで肌の乾燥を改善させるのは不可能です。乾燥に対しての一時的な対処手段として使用するものだと知っておく必要があります。

ワセリンというのは油分でできた基剤で、薬や化粧品やスキンケア用品など、日常的に使用されているあらゆるもののベースとなっています。

ワセリンは化学的に不活性なので、一緒に配合されるさまざまな成分と干渉し合いませんし、粘着力があります。この性質から例えば化粧品類ですとトリートメント剤やハンドクリーム、クレンジング剤などに使用されています。

また、こういった粘度の高いものばかりではなく、ファンデーションやアイシャドーやチークといったパウダー状のものにも配合されていることで、パウダーをケースの中で固形に保たせる繋ぎの役割をしています。

ワセリンというのは水を弾く働きがあってとても溶けにくいものです。そのことで医薬品としても、鎮痛や消炎などの軟膏剤のベースとして広く使用されています。柔らかく肌に塗りやすい状態にしているのもワセリンです。

原料が石油ですがとても優しい成分ですので、肌につけるたくさんの製品に利用されています。