優しい保湿成分「スクワラン」のすごさとは

スクワランは、スクワレンという成分を元にして作られた色の無い透明な液体のことを指します。語句がよく似ているので少しややこしいですが、スクワランはスクワレンから生成されます。

ちなみにスクワレンは多くの植物や哺乳類などが有している成分ですが、特に深海に住んでいるアイザメというサメの一種の肝臓内に多く存在しています。アイザメの肝臓の80%はいわゆる肝油と呼ばれるもので構成されており、その肝油の中にスクワレンが多く蓄えられているのです。

もちろん人間の体内においても、スクワレンは少なからず生み出されています。スクワレンには肌を保護する効果があり、美しい美肌を保つためには欠かせないものなのです。

こうしたスクワレンを原料として作り出されるスクワランは、非常になめらかで、美容クリームや保湿剤などに有効的な潤滑成分として使用されています。人間の体内からも作られている成分が素となっていますから、つまりは肌に優しく馴染みの良い安全な天然系保湿剤であるとご理解ください。

まず、DHCの「DHCピュアスクワラン」が挙げられます。この商品は100%植物性由来のスクワランのみが配合されており、お値段も非常に手頃です。DHCならではのコストパフーマンスに優れた「スクワラン入門商品」としては最適でしょう。

次にご紹介するのはファンケルの「ボタニカルピュアオイル」です。こちらも植物性スクワランのみが含まれています。更にオリーブオイルも配合されており、その相乗効果に期待が持てます。

スクワラン本舗の「フレッシュオイルE」は、サメの肝油から抽出したスクワレン由来のスクワランを99%以上配合した商品です。内容成分に関する詳細なデータも公表されていますので、非常に信頼度の高い逸品としておすすめです。価格帯に関しては高めではあるものの、それもまた効果の高さを物語っているとも言えます。

最後にHABAの「スクワラン」をご紹介します。サメ肝油由来のスクワレン100%の商品で、純度も99%と非常に高い数値を示しています。価格もお求めやすく、多くのスクワレン商品愛用者から絶賛されています。

保湿成分としてはスクワランはとても優れていますが、同じように高機能の成分といえばセラミド。今はたくさんの保湿系化粧品に含まれていて知名度も上がっていますよね。

中でもヒト型セラミドのコスメがとても人気です。保湿力に優れながらもコスパが高いのがその秘密のようですね。スクワランがどちらかといえば油脂系成分で肌表面を保護するのに対し、セラミドは皮膚の内部の水分量を上げるという違いがあります。

ですので、保湿しながら同時に保水もできる、というのが評価されているポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です